副業ライフ

Buymaのバイヤーとして副業程度に稼いでおりました。今はBuymaを辞めてアフィリエイトに挑戦しています。

「Parallels」を使って「EL capitan」上に「Lion」を起動させてみた

f:id:basement628:20151215005955j:plain


前回の記事の続き

前回は、「Lion」のインストールファイルをダウンロードしました。

今回はその「Lion」インストールファイルを使って、「EL capitan」上に「Lion」を起動させてみたいと思います。

仮想化ソフトは「Parallels Desktop 11」を使います。

最初に「OS X Lion インストール.app」を[アプリケーション]フォルダに移動させる

前回ダウンロードしたLionインストールファイルを古いmacからメインマシン側へ移動させます。今回はUSBメモリーで移動させました。

USBメモリーをメインマシンに差し込んだら、Lionインストールファイルを[アプリケーション]フォルダに移動させます。

 

「OS X Lion インストール.app」を[アプリケーション]フォルダに移動させます。

f:id:basement628:20151216021954j:plain

[コマンドキー]を押したままドラッグして移動させます。

*1  注意⇒コピペ移動ではなく、コマンドキーを押しながらドラッグして移動させる

 

「Parallels Desktop 11」を起動させます

 

「Parallels Desktop 11」をまだダウンンロードしていない方は、こちらからダウンロードできます。 

公式サイト
Parallels Desktop

「Parallels Desktop 11」無料体験版は14日間使えます。製品版は8,500円です。

 

「Parallels Desktop 11」のインストールが完了したら、ファイル→「新規」をクリックします。

中央にある[DVD/イメージファイルから Windows/その他 OS をインストール]を選択して右下の[続行]をクリックします。

f:id:basement628:20151216023420j:plain

[手動で探す]をクリックします。

f:id:basement628:20151216023652j:plain

[手動で探す]をクリック。

自動でも「OS X Lion インストール.app」が検出されますが、今回は手動で探しました。

中央にある[イメージファイル]を選択します。

f:id:basement628:20151216023918j:plain

さらにその下にある[ファイルを選択する]をクリックします。

「OS X Lion インストール.app」を選択します。 

先ほどのUSBメモリーから[アプリケーション]フォルダに移した「OS X Lion インストール.app」を選択します。

f:id:basement628:20151216024055j:plain

 [アプリケーション]フォルダ→「OS X Lion インストール.app」を選択。

右下の[オープン]をクリックします。

 「続行をクリックして、インストールを開始します」と出るので[続行]をクリックします。

f:id:basement628:20151216024250j:plain

右下の[続行]をクリック。

f:id:basement628:20151216024528j:plain

イメージ ファイルに名前を付け、場所を指定し、[続行]をクリックします。

するとOS X Lionが立ち上がります。

f:id:basement628:20151216024632j:plain

日本語を選択

f:id:basement628:20151216024723j:plain

[MAC OS X Lionを再インストール]を選択して[続ける]をクリック

f:id:basement628:20151216024900j:plain

 さらに続けるをクリック 

f:id:basement628:20151216025052j:plain

同意するをクリック

f:id:basement628:20151216025158j:plain

Macintosh HDを選択して[インストール]をクリック

すると、インストールが始まります。

f:id:basement628:20151216025409j:plain

f:id:basement628:20151216025710j:plain

インストールが完了するまで約20分ほどかかります。

f:id:basement628:20151216025901j:plain

Apple IDはスルーでOK
Apple IDとパスワードは省略可能です。スルーしましょう。何も記入せず[続ける]をクリックするとスルーできます。

ユーザー登録情報もスルー
[続ける]をクリックするとユーザー登録画面が出ますが、何も記入せず[続ける]をクリックするとスルーできます。

コンピュータアカウントだけは作成する
最後の[コンピュータアカウントを作成]だけはスルーできないのでここだけは入力します。

コンピュータアカウント入力時の注意点
コンピューターアカントのパスワードを入力する際、記号入力のキーボード配置がUSキーの配置になっています。パスワードで記号を使う方は注意しましょう。

 

Lionのインストール完了

 

f:id:basement628:20151215005955j:plain

「EL capitan」上に仮想化「Lion」が出来上がりました。

 

 

 

  

「Parallels Tools」をインストール

「Lion」のインストールが完了したら、最初に「Parallels Tools」 をインストールします。

「Parallels Tools」 をインストールしないと、ファイルの移動や画面サイズを最適化できないので、最初に「Parallels Tools」 をインストールします。

 

「Parallels Tools」のインストールの参考記事
Mac OS X での Parallels Tools のインストール

 

「Parallels Tools」をインストールする際も手順でわからない部分があったので少し戸惑いました。

とりあえず「Parallels Tools」をインストールをしてみます。

f:id:basement628:20151216030555j:plain

[処理]から[Parallels Toolsのインストール]をクリックします。

f:id:basement628:20151216030708j:plain

[続行]をクリックしてみます。

 

すると「ここでこのディスクを切断すると...」とのウインドが出てきます。よく分からないですが、とりあえず切断をクリックしてみます。

f:id:basement628:20151216031000j:plain

[切断]をクリック

[切断]をクリックした後[Finder]に「Parallels Tools」がマウントされると思います。

 

もし、Parallels Toolsがマウントされていなかったら、[処理]から[構成…]をクリック。[CD/DVD1]を選択して、ソースから[イメージファイルの選択…]をクリックします。[prl-tools-mac.iso ]ファイルを選択して[オープン ] をクリックすればマウントされると思います。

 

[Finder]のデバイスに「Parallels Tools」がマウントされたらインストールをダブルクリックします。

f:id:basement628:20151216031144j:plain

中央にあるインストールをダブルクリックすると「Parallels Tools」のインストールが開始されます。

 

インストールが完了するとウインドウが表示されます。

f:id:basement628:20151216031315j:plain

[Restart]をクリックすると再起動され「Parallels Tools」のインストールが完了します。

 

「Parallels Tools」のインストールが完了

 

「Parallels Tools」のインストールが完了すると、デスクトップの右上に「Parallels Shared Folders」という共有フォルダが現れます。

f:id:basement628:20151216031505j:plain

共有フォルダ「Parallels Shared Folders」をクリックして中身を見てみると

 

f:id:basement628:20151216031655j:plain

 

「Parallels Shared Folders」の中身は、ホストOS「EL capitan」側のフォルダが反映されています。

 

共有フォルダ「Parallels Shared Folders」の具体的な中身は、ホストOS側のフォルダ「Dropbox」「iCloud」「home」 の3つのフォルダが反映されています。

 

共有フォルダ「Parallels Shared Folders」にファイルをドラッグドロップしてやれば、OS間で簡単にファイルの移動ができます。

 

基本的な操作をおさらい

 

 

ゲストOS側だけをオフラインにできる

右上のネットワークアダプタアイコンから[ホストオンリ]を選ぶとゲストOSだけをオフラインにできます。 

f:id:basement628:20151216032122j:plain

 

 

OS間でファイルの移動が簡単にできる
「Parallels Tools」がインストールされると、OS間でファイルが移動できます。

OS間でファイルのコピペ移動が簡単にできる

f:id:basement628:20151216032432j:plain

一番簡単な方法は、ゲストOSのデスクトップにそのままドラッグするとコピペ移動ができます。この場合はコピペ移動のみが可能です。

 

デスクトップ間で移動

ゲストOS側(デスクトップ)からホストOS側(デスクトップ)へ簡単にファイルが移動できます。

まず、共有フォルダ「Parallels Shared Folders」のデスクトップフォルダを開きます。

共有フォルダ「Parallels Shared Folders」から「home」→「デスクトップ」を開いた状態

f:id:basement628:20151216032640j:plain

この状態でファイルをドラッグして移動させれば、ホストOSのデスクトップにファイルが移動します。

 

Parallelsを使ってみて気がついたこと、デメリットは?

Parallelsを使ってLionを仮想化させてみて最初に気づいたのは、記号(@マーク、アンダーバーなど)の入力位置が日本語キーの位置ではなく、USキーの位置になっていました。例えば、@マークが「2」の位置にあったりします。

USキーでも問題ないですが、慣れないと戸惑います。

キーボードの設定を変えれば治るのかな?試していないのでなんともいえませんが、とにかく初期設定のままだと記号入力がUSキーの位置に変わってしまうようでした。

 

 

次回は仮想化Lion上でCS3を起動させてみる

 

次回へ続く⇒ 「Parallels」で仮想化させたLion上にCS3を起動させてみた。 Illustrator とPhotoshopを使ってみる

f:id:basement628:20151216033301j:plain 

 

 

関連記事

「 EL capitan」でも古いアドビソフト「CS3」「CS4」「CS5」「CS6」を使う方法。次期OSからjava6が終了でも使い続ける方法。

 

 

 

*1:注意⇒コピペ移動ではなく、コマンドキーを押しながらドラッグして移動させる
「Lion」のインストールが途中で止まってエラーになってしまった事例をメモ
「Lion」のインストールが途中でエラーになって止まってしまうことがありました。くわしい原因は不明ですが、「OS X Lion インストール.app」をコピーして複製保存したものを使った時だけ、なぜか「Lion」のインストールが途中で止まってしまいました。「OS X Lion インストール.app」をコピペせずそのまま移動(コマンドキーを押してドラッグで移動)させたもを使ったときは問題なくインストールできました。