副業ライフ

Buymaのバイヤーとして副業程度に稼いでおりました。今はBuymaを辞めてアフィリエイトに挑戦しています。

めまいで病院に行ってきた。

最近は、プライベートな日記を書いていなかったので久々にプライベートな日記を書きます。

このところ、体調が悪くて、めまいや頭痛がひどくなっておりました。熱射病でめまいになった訳ではなく、ただ単に体調が悪くてめまいや頭痛が起きてるようでした。

20代前半のころは、頭痛持ちだったのですが、20代後半からはしだいに頭痛もほとんど無くなりました。頭痛持ちだった20代前半に一度だけ頭痛で病院に行っています。
その時は、頭のレントゲンだけ撮って医者にも「レントゲンは異常なし」と言われ、ロキソニンを処方されただけで、特に何事もなく過ごしてきました。

気の持ちようでしょうかね。なぜか医者から異常なしと言われると安心して、頭痛も気にならなくなってきました。よくよく考えると、レントゲンだけだとそこまで精密に検査できてないのでは?と思ったりもしましたが。


今回は頭痛よりも回転性のめまいがひどかったので、心配になり病院へ行きました。

めまいの症状を時系列に書くと、

7月12日の夕方頃、
ごはんを食べていたら、急に回転性のめまいでうずくまる。
うう。。
なんだろう?と思っていたら、吐きけもしてきてなんだかおかしいなと思っておりました。
めまいと吐き気は、結構しんどいんですよ。
体も熱っぽくなってきて、測ってみると37.1℃の微熱もありました。


7月21日
この日も回転性のめまいあり。


7月の22日以降も頭痛とめまいが治らなかったので、
病院へいきました。

私は体の不調がある時は、なるべく大きな病院へ行くようにしています。
小さい病院だと、なかなかMRIやCTなど撮ってくれなかったりして、病気の発見が遅れたりするので、最初から大きい総合病院へ行くようにしてます。

というわけで、耳鼻科と脳神経内科がある大きめの総合病院に行きました。

一日のうちに耳鼻科と脳神経内科の診察を受けました。
MRIは当日は予約が入ってできなかったらしく、別の日にMRIの予約をして検査を受けることになりました。

いろいろ検査をして、診察の結果は?

耳鼻科
耳の聴こえは異常なし。
診察の結果、きこえに異常がないので耳が原因で起こるめまいではないようです。


脳神経内科
脳のMRIの検査は異常なし。
診察の結果、MRIの検査は異常なく、脳の血管も異常がないので脳から来るめまいでもないようです。


思った通り、何事もなく原因不明のめまいでした。
結局、原因がわからずじまいで、めまい止めのくすりを処方されただけで、終了です。

今現在も少しの頭痛と軽いめまいが残っているのですが。
検査では異常がないので、ひとまず安心です。

耳鼻科の先生からめまいの種類などの説明を受けましたので、メモ程度にまとめておきます。
↓主に耳鼻科で扱うめまい↓

良性発作性頭位めまい症
短時間に起きるめまい。数秒程度。

メニエール病
難聴や耳鳴りなどの耳の不調を伴うめまい。

前庭神経炎
長時間にわたって起きる回転性のめまい。

これ以外のめまいは、脳が原因のめまい、脳梗塞や脳の血管が原因で起こるめまいになり、脳神経内科の範囲になってきます。

検査は?

めまいが原因のときに診察ではどんな検査をするのか?というわけで今回実際に受けた検査を解説します。

耳鼻科では、最初に聴力検査を受けました。そのほかに診察のときに、簡単な目の動きを追う検査、ゴーグルをつけて頭を傾けてめまいの症状を見る検査も受けました。

脳神経内科では、診察のときに簡単な目の動きを追うテストや、脚気などを検査するときに反応を見る検査を受けました。そのほか、脳のMRI検査を受けました。

ちなみに、CTやMRIなどの検査は自分から受けたいのですがと願い出れば検査してくれます。
遠慮せずに検査を受けたい旨を先生に伝えましょう。
先生によってはCTやMRIの検査をしない先生もいるので、検査を受けたい場合は遠慮せずに伝えましょう。

 

医療費

耳鼻科と脳神経内科の診察料は4000円ほどかかりました。
別の日に行ったMRI検査と診察には7000円ほどかかりました。

ちなみに、紹介状がなく大きな総合病院で診察すると初診料の他に、初診時選定療養費というものが取られます。

これはしかたないですね。選定療養費が取られるのは諦めています。

そうそう、医療費はクレジットカードでも会計できるんですよね。
今回はクレジットカードで支払ってきました。ポイントが貯まりますね。

 

f:id:basement628:20150804232140j:plain

 

最初から大きな病院へ行く理由

最初から大きな病院へ行く理由は?
結局、小さな病院でレントゲンや血液検査などに異常があって大きな病院を紹介されても、あらたに紹介された大きい病院でもレントゲンなどの検査を再度受け直さないといけません。
これって二度手間じゃないの?っていつも思っていました。
紹介された病院でも、あらたに検査を受けないといけないなら、最初から大きな病院へいった方がいいと思いますよね。

でも、大学病院やがんセンターなどの大きな病院(特定機能病院)へ最初から行くのは、お勧めしませんよ。さすがにそこまで大きな病院に紹介状もなしに行くのはちょっと気が引けます。行くとしても、中規模クラスの総合病院へ最初から行った方がいいと思います。


事前にネットで病気を調べすぎない
ちょっとでも体調がおかしいと、なんでもかんでもネットで調べますよね。まあ、アフィリエイトをやっているくらいなので、事前に頭痛やめまいのことをネットで調べるのですが、ここで注意が必要です。ネットに精通していて、ネットに詳しすぎると、病気を調べすぎて心配になりすぎることがあります。

このネットで病気を調べすぎて心配になることを「サイバー心気症」というらしいです。

体に不調が起きたら、ネットで調べすぎずに、素直に病院へ行って検査すればいいだけなんですが、
なぜか病気を調べすぎて不安になることってよくあるんですよね。

病気の調べすぎに注意です。

「サイバー心気症」気をつけましょう。


私の場合は、体調が悪かったらネットで調べすぎずに、2週間以上症状が治らなかったらすぐ病院へ行くようにしています。