副業ライフ

Buymaのバイヤーとして副業程度に稼いでおりました。今はBuymaを辞めてアフィリエイトに挑戦しています。

au WALLETにチャージできるクレジットカードの種類を比較。ポイント二重取りお得なランキング【2016年版】

ライフカードのレビュー記事は別サイトにて書いております。よかったらこちらも参考にしてみてください↓

f:id:basement628:20150728223032j:plain

 

au WALLETにチャージできるクレジットカードの種類は?

au WALLETにチャージできるクレジットカードの種類は

基本的には、MasterCardです。

基本的にMasterCardマークがついたクレジットカードならau WALLETにチャージ可能です。
※注意点として本人認証(3Dセキュア)に対応していないMasterCardはau WALLETにチャージ不可です。

VISAだとチャージできないの?

VISAでもチャージはできますが、種類は限られています。以下のカードはVISAでも直接チャージが可能です。

  • au WALLETクレジットカード(VISA)
  • セゾンカード(VISA)
  • UCカード(VISA)
  • MUFGカード(VISA)
  • DCカード(VISA)
  • ニコスカード(VISA)
  • TS CUBIC カード(VISA)

 以下の表は、au WALLETに
直接チャージできるクレジットカードの一覧です

f:id:basement628:20170203010905j:plain

 

 

JCBだとチャージできないの?

JCBマークがついたクレジットカードでも直接チャージができるようになりました。以下の2つのカードはJCBでもチャージが可能です。

  • セゾンカード(JCB)
  • TS CUBIC カード(JCB)

これ以外にも、auかんたん決済を利用すればJCBカードでもチャージできるカードがほかにあります。この場合でもクレジットカード会社の種類が決められています。

auかんたん決済からチャージ可能なクレジットカードの種類

 

  • au WALLETクレジットカード(MasterCard/Visa)
  • セゾンカード(MasterCard/Visa/JCB)
  • UCカード(MasterCard/Visa)
  • MUFGカード(MasterCard/Visa)
  • DCカード(MasterCard/Visa)
  • NICOSカード(MasterCard/Visa)
  • 楽天カード(MasterCard/Visa/JCB)
  • イオンカード(MasterCard/Visa/JCB)
  • TS CUBIC カード(MasterCard/Visa/JCB)
  • セディナカード(MasterCard/Visa/JCB)

 

auかんたん決済からチャージする場合は、VISA(楽天カード、イオンカードなど)やJCB(楽天カード、イオンカードなど)でもチャージが可能になります。

この表に載っていないアメックスやダイナースなどのクレジットカードはチャージできません。またVIEWカードもこの一覧に載っていないのでチャージができません。

 

追記:VIEWカードは2016年4月より本人認証(3Dセキュア)サービスが開始されたので、マスターカードならチャージ可能。

 

例えば、ファミマTカードはポケットカードになりますが、やはりこの一覧に載っていないのでチャージができません。

かんたん決済でもau walletにチャージできないクレジットカードの種類

これらのカードはauかんたん決済からチャージができません。

×ポケットカード(例:ファミマTカード)
×VIEWカード(例:ビックカメラsuica)
×アメックス(例:セゾンパール)
×ダイナースクラブカード

 

VIEWカードでもMasterCardならau WALLETに直接チャージできるんじゃない?という疑問がありますが、VIEWカードは3Dセキュアに対応していないのでau WALLETにチャージできません。

 

追記:VIEWカードは2016年4月より本人認証(3Dセキュア)サービスが開始されたので、マスターカードなら直接チャージが可能。

 

ポケットカードでMasterCardならau WALLETに直接チャージできるんじゃない?

 

という疑問があります。ポケットカードは3Dセキュアに対応しているのでMasterCardなら直接チャージが可能です。

↓こちらの記事で3Dセキュア(本人認証)についても解説しているので参考にしてみてください。

 

情報が頻繁に更新されている場合がございます。正確な情報はau公式サイトでご確認くださいませ。

 

クレジットカードでau WALLETにチャージした時にポイント二重取りになる仕組みを解説

「au WALLET」にポイントが貯まる仕組みを簡単に説明すると、

f:id:basement628:20150810210152j:plain

①「au WALLET」にクレジットカードでチャージすると、クレジットカードのポイントが貯まります。

  • クレジットカードに貯まるポイントはそれぞれ各社違います

②「au WALLET」を利用する時に「 WALLETポイント」が貯まります。

  • au WALLET利用時に貯まるポイント還元率は0.5%


つまり、クレジットカードのポイントと WALLETポイントの二つのポイントが獲得できます。
いわゆるポイントの二重取りができます。



↓チェックポイント↓

WALLETポイントの有効期限⇒「4年」

  • WALLETポイントの有効期限は、4年です。

↓チェックポイント↓
ポイント交換までに必要な利用額⇒「20,000円」

  • WALLETポイントをau WALLETにチャージできるまでの最小利用額は「20,000円」
  • WALLETポイントをau WALLETにチャージできるまでの最小交換ポイントは「100ポイント」
  • 20,000円×還元率0.5%=100ポイント


還元率0.5%
WALLETポイントは200円の買い物で1ポイントが付与されます。


↓チェックポイント↓


年会費無料(auユーザーのみ)

 

 

 

 

「au WALLET」にチャージできるクレジットカードおすすめランキング【2016年版】

 

「au WALLET」にチャージできるクレジットカードをおすすめ順に並べてみました。

 

(順位:カード名 ポイント還元率)

▼目次

1位:楽天カード 1%

2位:Yahoo! JAPANカード 1%

3位:リクルートカード 1.2%

4位:イオンカード 0.5%

5位:オリコカード 1%

6位:ライフカード 0.5%〜2.5%

7位:セゾンカード 0.5%

 

(注意1)下記のカードは、auかんたん決済からのチャージになります

  • リクルートカード
  • イオンカード(VISA、JCB)
  • 楽天カード(VISA、JCB)

(注意2)MasterCard®の場合は、au WALLETに直接チャージができます

  • 楽天カード(MasterCard®)
  • オリコカード(MasterCard®)
  • Yahoo! JAPANカード(MasterCard®)
  • ライフカード(MasterCard®)
  • イオンカード(MasterCard®)

 

1位:楽天カード 1%◎

楽天カードでau walletにチャージすると、楽天ポイントが1%入ります。加えて、au wallet で買い物したときに付与されるWALLET ポイント 0.5%を合わせると合計1.5%になります。

  • 楽天ポイント1% + WALLET ポイント 0.5%=1.5%

f:id:basement628:20150811222832j:plain


【チャージ方法】

  • 楽天カード(VISA、JCB)はauかんたん決済からのチャージになります。

関連記事


安定の人気がある楽天カードですね。メインで使ってもいいくらい一番オススメのカードです。楽天ポイントは、ファミリーマートのファミポートから電子マネーEdyにもチャージできるので、ポイントが有効に活用できます。普通のクレジットカードは10万円くらい使わないとポイント交換できなかったりしますが、楽天カードの場合は、1000円利用して10ポイント貯まれば、10ポイントからEdyにチャージすることができます。

 

↓チェックポイント↓
楽天ポイントの有効期限⇒「1年」

  • 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間
  • 楽天ポイントは新たにポイントを獲得すると有効期限が伸びます。
  • 新たにポイントを獲得すると、ポイント獲得した月を含めて1年間はポイントが有効です。


↓チェックポイント↓
ポイント交換までに必要な利用額⇒「1,000円」

  • ポイントに交換できるまでの最小利用額は「1,000円」
  • ポイントに交換できるまでの最小交換ポイントは「10ポイント」
  • 1,000円×還元率1.0%=10ポイント

Edyへの交換レート

  • 楽天ポイントを「10ポイント」貯めればEdyに交換できます。
  • 楽天ポイントを「10ポイント」貯めるまでに必要な利用額は「1,000円」です。


楽天は10ポイント貯まると、Edyに10円分チャージできます。

還元率1.0%
楽天ポイントは100円の買い物で1ポイントが貯まります。還元率は1.0%。

 

↓チェックポイント↓

年会費無料

 

楽天カード

楽天カード

「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」Check

 

 

 

▲目次にもどる

 

2位:Yahoo! JAPANカード 1% ◎


「Yahoo! JAPANカード」でau walletにチャージすると、Tポイント1%が入ります。加えて、au wallet で買い物したとき付与されるWALLET ポイント 0.5%を合わせると合計1.5%になります。

  • Tポイント1% + WALLET ポイント 0.5%=1.5%

f:id:basement628:20150811225417j:plain

【チャージ方法】

  • Yahoo! JAPANカードは、MasterCardのみ直接チャージが可能です。

 

ヤフーの旧Yahoo!ポイントは「Tポイント」に統合されましたので、ヤフーのクレジットカードに貯まるポイントも「Tポイント」になります。Tポイントといえば、TSUTAYAやファミマで利用できるポイントになります。当然「Yahoo! JAPANカード」に貯まった「Tポイント」もTSUTAYAやファミマで利用できます。「Yahoo! JAPANカード」にもTカード機能が付いているので、ファミマ店頭で1ポイント=1円として支払時に利用できます。

TポイントはTSUTAYAやファミマ以外の利用は微妙?
TSUTAYAやファミマを良く利用する方ならTポイントを有効に使うことができますが、それ以外だとTポイントはあまり有効に使えない気もします。しかし、ヤフーショッピングやロハコ、はこBOON、ヤフオク落札(支払い)にもTポイントが使えるので、Tポイントは利便性があるポイントだとは思います。

 

Tポイントは、現金に交換できる!その他、提携ポイントへも移行できる!

Tポイントはファミマくらいしか使えないので微妙かなと思ってたらそうでもなかった。

 

よくよく調べてみると、Tポイントは、現金やsuicaポイントなどにも交換可能でした。

 

交換レートは若干悪くなりますが、Tポイントは100ポイントで85円の現金に交換できます。ジャパンネット銀行口座からのみの交換になります。

Tポイントは電子マネーsuicaやsuicaポイントにも交換できます。

 

Tポイント交換レート

  • Suicaポイントクラブ 100ポイント→85ポイント
  • Suicaにチャージ   1,000ポイント→1,000円分
  • ジャパンネット銀行  100ポイント→85円(現金へ交換)

参考URL:Yahoo! JAPAN - ポイント交換

 

TポイントはSuicaポイントに交換ができます。Suicaポイントクラブへのポイント交換レートは、若干悪く100ポイントで85ポイント(85%)の交換レートになっています。

 

TポイントはSuicaにも交換ができます。Tポイントを1,000ポイント貯めれば1,000円分をsuicaにチャージできますが、Suicaへのチャージは「Yahoo! JAPANカードSuica」を持っている方限定のようです。参考URL:TポイントをSuicaにチャージ

 

Tポイントをいくら使うとポイントが貯まる?

100ポイント貯めるには10,000円利用すれば貯まります。
1,000ポイント貯めるには100,000円利用すれば貯まります。

  


↓チェックポイント↓
Tポイントの有効期限⇒「1年」

  • ヤフーのTポイントは、新たにTポイントを獲得するとポイントの有効期限が1年間延長します。


↓チェックポイント↓
ポイント交換までに必要な利用額⇒「100円」

  • ポイント交換できるまでの最小利用額は「100円」
  • ポイント交換できるまでの最小交換ポイントは「1ポイント」
  • 100円×還元率1.0%=1ポイント

Tポイントを「1ポイント」貯めれば1円からファミリーマートで利用できます。
Tポイントを「1ポイント」貯めるまでに必要な利用額は「100円」です。


還元率1.0%
Yahoo! JAPANカードのTポイントは100円の買い物で1ポイントが貯まります。還元率は1%。

↓チェックポイント↓

年会費無料

 

▲目次にもどる

 

3位:リクルートカード 1.2% ◎

リクルートカードでau walletにチャージすると、リクルートポイントが1.2%入ります。加えて、au wallet で買い物したときに付与されるWALLET ポイント 0.5%を合わせると合計1.7%になります。

 

  • リクルートカード1.2% + WALLET ポイント 0.5%=1.7%

f:id:basement628:20150810213610j:plain

【チャージ方法】

  • リクルートカード(VISA、MasterCard)の発行元はMUFGカードなので直接チャージ可能。
  • リクルートカード(JCB)の発行元はJCBなのでチャージ不可。


リクルートカードのポイントは、ローソンで使えるポンタポイントに交換することができます。私は普段コンビニはセブンイレブンをよく使うので、ローソンで使えるポンタポイントはあまり魅力的ではありません。まあ、ローソンをよく使う方にオススメのカードですね。ポンタポイントは100円ローソン(ローソンストア100)やナチュラルローソンでも使えるので、店舗が近くにある方は、利用価値はありそうです。

 

↓チェックポイント↓
リクルートポイントの有効期限⇒「1年」

  • リクルートポイントの有効期限は、確定日から12か月後の月末までとなっているのでほぼ一年ですね。

↓チェックポイント↓
ポイント交換までに必要な利用額⇒「8,400円」

  • ポイントに交換できるまでの最小利用額は「8,400円」
  • ポイントに交換できるまでの最小交換ポイントは「100ポイント」
  • 8,400円×還元率1.2%=100ポイント

Pontaポイントへの交換レート

  • リクルートポイントを「100ポイント」貯めればPontaポイントに交換できます。
  • リクルートポイントを「100ポイント」貯めるまでに必要な利用額は「8,400円」です。
  • 8,400円×還元率1.2%=100ポイント

還元率1.2%
リクルートポイントは100円の買い物で1.2%のポイントが付与されます。しかし、端数は切り捨てられるので1.2ポイントの0.2ポイントが切り捨てられ、実質獲得ポイントは1ポイントになります。端数が切り捨てられないようにするためには500円以上利用することが必要になります。


100円⇒1ポイント(0.2ポイント切り捨て)
300円⇒3ポイント(0.6ポイント切り捨て)
500円⇒6ポイント

 

↓チェックポイント↓

 

年会費無料

 

 

リクルートカードを詳しく見る

⇛年会費無料で還元率1.2%のリクルートカード(visa)

 

 

▲目次にもどる

 

4位:イオンカード 0.5% △

 

イオンカードでau walletにチャージすると、イオンときめきポイントが0.5%入ります。加えて、au wallet で買い物したときに付与されるWALLET ポイント 0.5%を合わせると合計1.0%になります。

 

  • イオンときめきポイント0.5% + au WALLET 0.5%=1.0%

f:id:basement628:20150811232231j:plain


【チャージ方法】

  • イオンカード(VISA、JCB)は、かんたん決済からのチャージになります。イオンカード(MasterCard)は直接チャージが可能。


↓チェックポイント↓
ポイントの有効期限⇒「最長2年」


↓チェックポイント↓
ポイント交換までに必要な利用額⇒「200,000円」

  • ポイントに交換できるまでの最小利用額は「200,000円」
  • ポイントに交換できるまでの最小交換ポイントは「1000ポイント」
  • 200,000円×還元率0.5%=1000ポイント


ポイント交換レート

  • ときめきポイントは、1,000ポイント貯まればWAONポイント1,000ptに交換できます。
  • ときめきポイントは、1,000ポイント貯まればSuicaへ1,000円分チャージできます。


還元率0.5%
ときめきポイントは、200円買い物すると1ポイント付与されます。還元率は0.5%。

↓チェックポイント↓

年会費無料

  


イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)+イオン銀行キャッシュカード。引き落としはイオン銀行のみ。WAONチャージ時にもWAONポイントが付く。

 


イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)。引き落とし銀行は自由。その代わりWAONチャージ時にWAONポイントが付かない。

 

 

▲目次にもどる

 

5位:オリコカード ザ ポイント(Orico Card THE POINT) 1% ◎

 

「オリコカード ザ ポイント」でau walletにチャージすると、オリコポイント1%が入ります。加えて、au wallet で買い物したときに付与されるWALLET ポイント 0.5%を合わせると合計1.5%になります。

  • オリコポイント1% + WALLET ポイント 0.5%=1.5%

f:id:basement628:20150811224237j:plain


【チャージ方法】

  • オリコカード ザ ポイント(Orico Card THE POINT)は、MasterCardのみ直接チャージが可能です。


「オリコカード ザ ポイント」のいいところは、電子マネーiDと一体型なところですね。私はiphoneユーザーなのでおサイフ携帯が使えませんから、iDのような電子マネーがクレジットカードに付いていると非常に便利です。また、iDを利用してもオリコポイントが貯まるのでお得です。iDは非接触型の電子マネーなので端末にかざすだけで決済ができます。コンビニ決済が早いです。

 

オリコポイントのポイント移行先が豊富

オリコポイントはさまざまなポイントに移行できます。楽天ポイントやTポイント、WALLET ポイントにも交換できます。

 

↓チェックポイント↓
オリコポイントの有効期限⇒「1年」


↓チェックポイント↓
ポイント交換までに必要な利用額⇒「50,000円」

  • ポイント交換できるまでの最小利用額は「50,000円」
  • ポイント交換できるまでの最小交換ポイントは「500ポイント」
  • 50,000円×還元率1.0%=500ポイント

Amazonギフト券交換レート

  • オリコポイントを「500ポイント」貯めればAmazonギフト券500円分に交換できます。
  • オリコポイントを「500ポイント」貯めるまでに必要な利用額は「50,000円」です。

ポイント交換レート

  • オリコポイントは、1,000ポイント貯まると楽天ポイント1,000ptに交換できます。
  • オリコポイントは、1,000ポイント貯まるとWALLET ポイント1,000ptに交換できます。
  • オリコポイントは、1,000ポイント貯まるとTポイント1,000ptに交換できます。

 

還元率1.0%
オリコポイントは100円の買い物で1ポイントが貯まります。還元率は1%。

 

↓チェックポイント↓

年会費無料

 

 

 

 

▲目次にもどる

 

6位:ライフカード 0.5%〜2.5% ◯

 

ライフカードでau walletにチャージすると、サンクスポイントが0.5%入ります。加えて、au wallet で買い物したときに付与されるWALLET ポイント 0.5%を合わせると合計1.0%になります。

  • ライフカード0.5% + WALLET ポイント 0.5%=1.0%

f:id:basement628:20150811230443j:plain


【チャージ方法】

  • ライフカードは、MasterCardのみ直接チャージが可能です。


誕生月はポイント5倍
ライフカードは誕生月にカードを利用すると、ポイントが5倍にもなります。なので、誕生月にライフカードでau WALLETにチャージすると5倍のポイントが貯まることになります。

誕生月にチャージすると、

  • ライフカード2.5%+ WALLETポイント 0.5%=3.0%


↓チェックポイント↓
ポイントの有効期限⇒「通常2年」

ポイントの繰越手続きをすると有効期限を最大5年に延ばすことができます。


↓チェックポイント↓
ポイント交換までに必要な利用額⇒「300,000円」

 

  • ポイントに交換できるまでの最小利用額は「300,000円」
  • ポイントに交換できるまでの最小交換ポイントは「300ポイント」


ポイント交換レート

  • ライフカードのサンクスポイントが300ポイント貯まると、楽天ポイント1,500ptに交換できます。
  • ライフカードのサンクスポイントが300ポイント貯まると、WALLETポイント1,500ptに交換できます。
  • ライフカードのサンクスポイントが300ポイント貯まると、Gポイント1,500ptに交換できます。


還元率0.5%
ライフカードのサンクスポイントは1000円の買い物で1ポイントが貯まります。還元率は0.5%。


↓チェックポイント↓

 

年会費無料

 

ライフカードのレビュー記事は別サイトにて書いております。よかったらこちらも参考にしてみてください↓

creditcardfirst.net

 

 

 

▲目次にもどる

 

7位:セゾンカード 0.5% △


セゾンカードでau walletにチャージすると、永久不滅ポイントが0.5%入ります。加えて、au wallet で買い物したときに付与されるWALLET ポイント 0.5%を合わせると合計1.0%になります。

  • 永久不滅ポイント0.5% + au WALLET 0.5%=1.0%

f:id:basement628:20150811233404j:plain


セゾンの永久不滅ポイントは1,000円につき1ポイント貯まります。ポイントの期限が無期限なのでポイントが無駄になりません。

 


↓チェックポイント↓
ポイントの有効期限⇒「無期限」


↓チェックポイント↓
ポイント交換までに必要な利用額⇒「100,000円」

 

  • ポイントに交換できるまでの最小利用額は「100,000円」
  • ポイントに交換できるまでの最小交換ポイントは「100ポイント」

 

ポイント交換レート

  • 永久不滅ポイントが100ポイント貯まると、Tポイント450ptに交換できます。
  • 永久不滅ポイントが200ポイント貯まると、Suicaに1,000円分チャージできます。
  • 永久不滅ポイントが200ポイント貯まると、WALLETポイント1,000ptに交換できます。
  • 永久不滅ポイントが200ポイント貯まると、Amazonギフト券1,000円分に交換できます。
  • 永久不滅ポイントが200ポイント貯まると、楽天ポイント1,000ptに交換できます。

還元率0.5%
永久不滅ポイントは1,000円買い物すると1ポイント付与されます。還元率は0.5%。


↓チェックポイント↓

年会費無料

 

 

 

 

▲目次にもどる

 

 

まとめ

 

au WALLETチャージ時に一番ポイントが貯まるカードは「ライフカード」

これまでクレジットカードでau WALLETにチャージしてポイントが貯まるクレジットカードを紹介してきました。ここで挙げたクレジットカードの中で注目すべきはライフカードです。

ライフカードの通常時のポイント還元率は0.5%ですが、誕生月はポイントが5倍になるので還元率が2.5%にもなります。

 

f:id:basement628:20150916055156j:plain

 

詳しくはこちら▼

fukugyou-life.hateblo.jp

 

 

つまり、ポイント5倍の時にライフカードでau WALLETにチャージしてもポイントが貯まります。

2.5%+0.5%=3%

 


au WALLETにチャージできる最大額は10万円


au WALLETにチャージできる最大額は10万円です。なので、ライフカード誕生月ポイント5倍時に最大10万円マックスでau WALLETにチャージしておけば、かなりのポイントが貯まります。

一回にau WALLETにチャージできる最大額は25,000円ですが、それを4回続ければ10万円分チャージできます。

また、au WALLETに最大限10万円チャージしても、利用して減った分は新たにチャージすることが出来ます。

 


ライフカード誕生月ポイント5倍時に10万円チャージすると2500円分のポイントが付く

ライフカードポイント5倍時に10万円分au WALLETにチャージするとポイントが2500円分貯まります。加えてau WALLET利用時にも0.5%のWALLETポイントが貯まります。

 

 

結論
ライフカードはポイント5倍時にau WALLETにチャージすればお得


改悪が心配

ポイントが貯まりすぎるとライフカード側で何らかの改悪がなされることがあるのですが、今現在は問題なく、誕生月ポイント5倍でau WALLETにチャージしてもポイントが貯まります。

 

ポイントを無駄にしない方法

クレジットカードで貯まったポイントはすぐに電子マネーにチャージすると良いでしょう。

というのも、ポイントは貯まっても使用期限があります。電子マネーにチャージすれば使用期限に催促されることなくポイントを有効に活用できます。


電子マネーに交換するにも、ポイント交換するまでに最低必要なポイント額も決まってます。

例えば、

楽天カードは1000円利用すれば、10ポイント貯まり、10ポイントから電子マネーEdyにチャージすることができます。

しかし、イオンカードは200,000円利用して1,000ポイント貯めないとwaonやSuicaなどの電子マネーにはチャージ出来ません。

このようにポイントを少しでも貯まったら電子マネーにチャージできるクレジットカードと、そうでないクレジットカードがあります。

ポイントをムダにしないためにも、少しでもポイントが貯まったら電子マネーにチャージできるクレジットカードがオススメです。

 

▲目次にもどる

 

 

2017-03-08 更新